VPCSBの電源を入れると起動せず下記の画面が表示されでお困りですか?

VPCSB1AGJ SSDエラー

VPCSB1 OperatingSystem Not Found

なぜこの画面が表示されるのか。

VPCSBにも色々なモデルがありますが、ソニースタイルで注文時にSSDを選択されたPC固有のエラー画面になります。

VPCSBのSSD搭載モデルにはクアッドSSDと言いまして4台のドライブを一つにまとめて高速に動作させ大容量を実現する方法が採用されていました。上記のエラーはクアッドSSDの1台が故障し、正常にドライブとして認識できず、Operating System Not Found。OS、すなわちWindowsが見つからないと言う意味のエラーメッセージとなります。

故障の状態によっては、起動するが固まる、フリーズする。

または、リカバリを実行するとドライブが表示されない等の症状もございます。

クアッドSSDの構成

総容量ごとの各構成は、

SSD 約1TB(256GB ×4)(Serial ATA)

SSD 約512GB(128GB ×4)(Serial ATA)

SSD 約256GB(64GB ×4)(Serial ATA)

SSD 約128GB(128GB ×1)(Serial ATA)

となっており、発売当時店頭モデル、ハードディスク搭載モデルと比較すると動作速度がかなり上で大容量、バッテリーの持ちもよかった為、SSD使用をお選びになる方もかなりいらっしゃったようです。ただ、価格もかなり高額になり、また、修理するとなると費用が9万円前後となってしまう点もありました。

当店でも当初VPCSBのSSD修理、交換を依頼された場合、クアッドSSDの入手が困難な事から費用納期で苦慮致しましたが、解決方法がございましたので、通常のSSDに換装し対処しております。これまでに20数台以上対処しておりますが、お客様からは特に速度低下等を感じないとの感想を頂戴しております。換装用のSSDによって認識しない物もございましたが、確実に動作するSSDをご用意可能ですので安心してご相談下さい。

また、リカバリディスクを製作していない場合もクリーンインストールと言いまして、Windowsのみをインストールし、必要なドライバをセットアップし動作させる事も可能です。発売当初のWindows7だけでなくWindows10のクリーンインストールも可能です。

当VPCSB修理に関して1点問題がございます。必要な部材、部品の在庫、手配が困難な場合がございます。可能な限り在庫するようにしておりますが、ご依頼が重なりお待ちいただく場合がございます。

また費用面に関しては御希望のSSDの容量にもよりますが、120GB辺りですと35,000円程でお受けしております。各個体の状態等もございますので事前にご相談、お見積りをご依頼下さい。

特にお急ぎの場合は、お問い合わせ頂き、日程などのご相談が出来たらと思います。

お問い合わせは下記をご利用下さい。

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-52-4956

WEB問い合わせ

こちらからお問い合わせのフォームをご利用下さい。