小技集

MS-DOS 起動ディスクの作成方法

 

MS-DOS起動ディスクは、パソコンの起動トラブルが起きたとき何かと役に立ちます。
MBR・ブートセクタの異常などの修復作業を行うのに使います。
トラブルに備えて、あらかじめ作成しておくに越したことはありません。

というわけで今回は、Windows XPでのMS-DOS起動ディスクの作成手順を紹介します。

MS-DOS起動ディスクを作成する

Windows XPでは、フロッピーのフォーマットオプションに、MS-DOS起動ディスク作成のためのオプションが用意されています。
手順としては、このオプションにチェックを付けてフロッピーディスクをフォーマットするだけで完成です。

マイコンピューターを開きます。

Aドライブを右クリックします。
右クリックメニューから [フォーマット] をクリックします。

フォーマットのためのダイアログが出てきます。
[MS-DOS の起動ディスクを作成する] にチェックを付けます。
[開始] をクリックします。

起動ディスクの作成が開始します。しばらく待ちます。

作成完了です。[OK] ボタンを押して終わりです。